NEW ORDER 2022

2022年1月29日 - 2月19日
開館時間 金 午後6時30分- 午後8時
土 午後3時 - 午後8時
日 午後3時 - 午後8時

Artists
小宮万依
古郷卓司 (candy factory)
HOTEL ASIA (佐々木玄+宮川敬一)
lee (asano+ryuhei)
三津木晶



小宮万依
1997年下関生まれ。2019年に九州産業大学造形短期大学部を卒業。2019年、2021年のアートフェアアジア福岡、NEW ORDER 2020展(GALLERY SOAP)などに出品している。学生時代より日常の生活の中から素材(ビーズ、鏡、塩化ビニール、フプラスティックの日用品、吸い殻、パッケージ等) を探し出し、平面、立体作品を制作している。近年は、鏡やシルバーの塩ビフィルムなど反射する支持体に描かれたカラフルでユニークな平面作品も制作している。2021年のアートフェアアジア福岡で出品された作品は関係者から高く評価されており、今後の活躍が期待される若手アーティストの一人である。



古郷卓司(*candy factory projects)
コラボレーションのためのプラットフォーム *Candy Factory Projectsを1998年から主催、世界各地のインスティチューションを拠点にマルチ・ヴィデオ・プロジェクションや サウンド・インスタレーション、スクリーニング・イベントなどを併せた展覧会を開催、 また出版物の発行、オンライン・プロジェクトなど様々な形態で制作発表している。*Candy Factory Projectsの下で古郷は以下のアーティストと長期に渡るコラボレーシ ョン・プロジェクトを行っている。 ジョン・ミラー、フェデリコ・バロネッロ、マイク・ボード、ヨンヘ・チャン・ヘヴィ ー・インダストリーズ、チャールズ・リム・イー・ヨン、宮川敬一、ショーン・スナイダ ー

作品タイトル:Known knowns(知られていると知られていること)
制作年:2021年
7 videos
video format MPEG-4
size 2580 x 1440 pixels
duration time 16’ 39

1. I know a lot more things about you than that
2. Military Man
3. Known knowns
4. Jewel
5. Baby Doge Coin Continue To Rally
6. Erased
7. 嘘は感染するよ。

販売価格:55,000円(税込)詐欺メイルの手引き、玉音放送の前文、ラムズフェルドのスピーチ、ライヴ・ニュース・サイトのチャットへの書き込みなど、ヴォーカル・シンセサイザーが歌うインフォメーションの断片をテクスト・アニメーションで提示するコンセプチュアルなラウンジ・ミュージック・ヴィデオ・アルバムです。


 


lee (asano+ryuhei) 北九州在住
ドローイング的な技法で、さまざまな画材/素材を組み合わせ、多種多様な作品を制作している。ライブペインティングや壁画等も制作するアーティスト。バンコク、福岡、京都、東京など各地のアートスペース、ギャラリー等にて個展、グループ展で作品を発表している。2019 年には、東京・半蔵門にあるアートスペース ANAGRA が キュレーションした、NIKE KICKS LOUNGE OMOTESANDO にて行われている企画、“NIKE BY YOU”に今後期待される 12 人のアーティストの一人としてセレクションされ作品を発表した。また、音楽シーンでもその名は広く知られており、サンプリング/サウンドコラージュの分野では海外からも注目を集めている。






HOTEL ASIA (佐々木玄+宮川敬一) 
ホテルアジアは、2011年に佐々木玄と宮川敬一によって結成された。これまでに、アジア各地のアーティストや研究者たちとのコラボレーションによる作品制作、展覧会、上映会などを、中国、タイ、インドネシア、オーストリア、チェコ共和国など国内外で企画している。2021年には、ジャグジャカルタ、プラハ、熊本で「The Happiest Place on Earth / HOTEL ASIA PROJECT」を開催している。 展覧会: 段々降りてゆく(2021年 熊本市現代美術館)、The Happiest Place on Earth 展(2021年 Ruang Mes 56/インドネシア)、The Deficit Faction ( 2019年 Long March Space / 北京)、UNIDENTIFIED LANDSCAPE展(2019年 オルガンハウス/中 国)、LANDSCAPE展(2017年 東京藝術大学、2016年 バンコク大学ギャラリー)






三津木晶(北九州在住)
北九州在住のアーティスト。2009年に福岡教育大学初等教育美術専修卒業後、主に油彩による絵画作品を制作してきました。テーブルクロスやソファ、食器など、身近な日常的風景からモチーフを選び出し、塗られたマテリアルを溶かしたり、削ったりしながらレイヤーを浮かび上がらせる技法で、繊細で斬新な風景を描いている。近年では、段ボール、ビニール袋など日用品を用いた立体作品、レリーフ作品も制作している。2019年にはインドネシアのジョグジャカルタでのアーティストインレジデンスに参加し、国内外のアートフェアーにも積極的に参加している。