about RED LINE



一切从行动开始

倪昆

Red Line
在中国, Red Line是伴随着城市化而出现的一个特有名词, 它的全称为 “建筑红线Building line/Site boundary”, 意指在城市规划中, 所划定的建筑体与街道的边界线。因其线条规定选用红色, 在行业中, 简称 “红线”。把 “Red Line” 作为我们本次讨论的主题, 是因为在两方面, 它刚好契合了我们所关注的, 关于当前构成中国当代文化的两个重要因素的思考 ——城市化运动以及国家主义 (以及由其主导的经济运动) , 当然, 更为重要的对话 (行动) 将来自如何持续性反思, 因当前的全民泛经济主义倾向而产生的艺术创作的集体性失语 ——对于艺术市场的妥协缴械, 以及艺术创作及趣味的消费主义实质。这种妥协和献媚在很大程度也回应了这样的一个现实: 实验性艺术的逐步退场,⽽而艺术工具化, 商品化依旧强势存在。“弱实验性艺术” 替代了之前由激进艺术所承担起的, 通过艺术生产而连接的社会变革之通道, 折衷主义成为一种现实的选择。也因此, Red Line以及其所依托的艺术项目 “T1 Project Room” 的一个重要工作, 将落在如何在当前语境下重新探寻和思考艺术生产与文化建构之间的可能性, 有效性, 远离商业, 回到社会现场, 则是行动的第一步。



Everything starts from action

Ni Kun

Red Line
Red line is a term emerging with the rapid urbanization process in China. The full definition of the words is Building line/Site boundary, it signify the borderline between building itself and outside street in urban planning. Due to the policy of the line color, people usually call it red in the industry. The reason we choose this as the topic of the seminar has two: it exactly correspond with the thinking of elements constructing the contemporary Chinese culture we concern about: urbanization and nationalism (and its leading economical movement). Certainly, the more important dialog (action) comes from the way we introspect all the time. Right now the pan-economism tendency from people of the state cause the speechless of art creating: the market compromise and the consumerism revealed in works. It also reflects the reality happening: experimental art disappear gradually and still existence of tooled and commercial art in majority. As the replacement of radical art, Weak Experimental Art practice is taking on the role of revolution in art production, and eclecticism becomes as a realistic choice. Therefore, the responsibility of Red Line and its rely-on program “T1 Project Room” is to rediscover and rethink the relationship between art productions and cultural constructing, meanwhile finding its possibility and productivity of them. Away from market, back to social scene, is the first step of action.



行動から全てが始まる

ニークン

Red Line
Red Lineは中国の急速な都市化とともに現れた言葉で、都市計画における建築物とストリートの境界線であり、あるいは場所との境界線です。人々はその境界線をRed Lineと呼んでいます。
今回、展覧会のタイトルとしてこの言葉を選んだのは、Red Lineが現代の中国文化を構成する要素と一致していると考えたからであり、都市化とナショナリズム、およびそれにともなう経済の動きを象徴していると考えたからです。その境界線はそのまま、都市空間で生きる人々の生活、文化を分断し、これまで見えなかった差異を象徴しています。

一方、中国の文化状況を考えるにあたって、より重要な対話(行動)は、つねに自らを省みることから始まります。中国は今、アートマーケットへの歩み寄りと消費主義が作品にあらわれ、人々の汎経済主義の傾向は、退屈なアート作品を生み出しています。さらに実験的なアートが次第に姿を消し、見栄えの良いコマーシャルアートがいまだに優勢であるという状況を作り出しています。急進的なアートに替わって、一見、実験的に見えるだけのアート作品が、新しいアートの役割をにない、ある種の折衷主義的なアート作品が受け入れられています。そういった状況に対抗し、今回の展覧会 Red Lineとそれと関連するプログラムであるT1 Project Roomの活動は、アート制作と文化創造の関係性を再発見し、再考すること、およびその可能性と創造性を見いだすことを目的としています。アートマーケットと距離をおき、社会的な状況へもどること。それが新たな行動の第一歩となるのです。