2003年6月15日に、SOAPは "soap_land records" というレーベルを立ち上げます。このレーベルは、CDや雑誌といったプロダクツを制作することにより、より多くの人々と出会うことを目的としています。 "soap_land records" 第一弾として、国際的に活躍するコラボレイティブ・アーティスト・ユニット「*candy factory」の音源をリリースします。リーダー的存在である古郷卓司プロデュースにより、海外のビジュアルアーティストが制作した音源のコンピレーション・アルバムです。 
  soap_land records first CD   
Holiday
produced by candy factory
presented by soap_land records
2003.6.15 on sale /2000yen

このページからご購入できます。
申し込みはこちら!

artists
TAKUJI KOGO
TETSU TAKAGI
G.H.HOVAGIMYAN
JOHN MILLER
MARTINE COROMPT
OLA PEHSON PEHSON


■01. NO PLACE (2:30) Takuji KOGO■02. FALSE BRIDE (5:20) SCOTTISH TRADITIONAL SONG (the 17th Century) mixed by Takuji KOGO ■03. NEXUS WORLD RELEASED (3:09) ■04. NEXUS WORLD^MEDLEY (6:53) Ta kuji KOGO featuring Victoria Hi-quality. ■05. MOM, SHE COOKS (1:45) Ola Pehrson ■06. SPIRITUAL_REPOSE (0:24)■ 07. LEAVES&MOSS (0:20) GH.Hovagimyan ■08. MALL OF AMERICA (6:24) ■09. AS SEEN ON TV (3:30) Takuji KOGO ■10. DENNIM GIRL (4:09) John Miller ■11. SPELL ON YOU (JAPANESE)(2:32) Martine Corompt ■12. SPELL ON YOU (ENIGLISH) (2:30) Martine Corompt ■13. POT BOILER (4 :04) John Miller■14. BUTTERFLY'S FUNERAL (5:40) John Miller■15. ARES ARES EUQ (5:45) Takuji KOGO■16. LOST IN SPACE (1:30) Takuji KOGO

 
このCDは内外のヴィジュアルアーティストたちによって制作された音楽を、*candyfactoryの新たなコラボレーション作品としてまとめたものです。16曲中9曲を手がけている古郷卓司は1998年より*candyfactoryを主催し、内外からアーティストを招聘してプロジェクトを組織、ウェブサイトを通 して数々のコラボレーションを続けてきました。今回このCD全体のプロデュースをしています。これらの曲は当初、各プロジェクトの発表時に映像作品のサウンドトラックとして制作されたものですが、今回新たなリミックスを施して音楽作品として独立させたものです。  3曲を提供しているジョン・ミラーはNY、ベルリン在住のアーティストで80年代から絵画、彫刻、写 真、インスタレーションなどを発表しており、今回のCDでは、彼の写真シリーズを映像化するにあたって作られた曲「Pot Boiler」古郷卓司とのウェブ上での共作「Denim Girl」を含め、新たにボー・ブラムの未完の詩作、「Butterfly's Funeral」をモチーフに同名の曲を独立した音楽作品として制作しています。  マルティーヌ・コロンプトはメルボルン在住のアーティストで、*candyfactoryとともに2002年グロス・プロジェクトに参加。CCPメルボルンでの展覧会でジョン・カーペンター監督のホラー映画「光る眼」をモチーフに英語、日本語の両ヴァージョンからなるヴィデオ・クリップを制作、「Spell On You」というポップソングを作曲しました。今回、その両ヴァージョンを収録しています。  シンセ・ヴォイスを多用したパフォーマンスを行っているNY在住のアーティスト、G.H.オバギミャンの曲は、韓国トータルミュージアムのプロジェクト「Think The Same」のために谷崎潤一郎の陰影礼賛をもとに制作されました。  オラ・ピアスンはストックホルム在住のアーティストで、このCDのためにストックホルムのIASPISで制作中のプロジェクト「cookbook+」からサウンド・トラック「MOM, SHE COOKS」を提供しています。  *candyfactoryのメンバーの一人でもある高木哲は、ソロ作品「人生は経験の積み重ね、だが些細なことはすぐ忘れてしまう、一方生きている限り、忘れられない経験もある。」をシンセ・ヴォイスのパフォーマンスとして提供。  その他の曲もまた、様々のコラボレーションを通じて行われたプロジェクトから、操業停止しているスコットランドの工場、廃墟と化した歴史あるホテル、バブル後期に著名な建築家を招いて建てられたハウジング・プロジェクトなど、特定の建築や場所をモチーフに映像作品、ウェブ・プロジェクト等を通 じて作曲されたものです。2003年ウォーカー・アート・センターのプロジェクトでは、ミネアポリスにある巨大なショッピングモールのための音楽を作曲。同アート・センターのウェブサイトから配信をしたものも、今回ここに収録しています。ただしこれら特定の現実の空間をモチーフにした作品を含めて、このCDではヴィジュアル・アーティストたちによる独立した音楽作品、あるいは音楽の擬態として、より鑑賞者の日常に入り込み、その視覚のBGMとなるべく発表されるものです。